姫路お溝筋商店街イタリアン食堂内装工事

2017/01/20

 

ワイン食堂PINO

​兵庫県姫路市亀井町84ゑびすやビル2F

「イタリアンのお店を出店したいんです〜まとめて全部お願いできますか?」こんな問い合わせが始まりでした!答えはもちろん「大丈夫ですよ、お任せください!」まずはお話を聞く為にお会いすることに。

 

 

 

 

 

 すでに物件は決まっているとのこで現地で打ち合わせです。同時期に一階でも飲食店工事が行われるそうです。もともとビル自体が物販の用途のため、一階の空きテナントに飲食店が入ることで、ビル自体の用途変更を行わなければいけなくなりました。。

 

用途変更する為に建物の検査済証が必要になります。不動産屋を経由して大家さんに問い合わせたところ、、、紛失したとのこと!!これは大変なことになりました。

今更、契約を破棄するわけにもいかないので、話し合った結果、大家さんが新たに建築士に依頼して図面を全て書き直してもらうことで、話は進むことになりました。

 

 

今回このような結果になりましたが、不動産屋さんも大家さんもこの辺りの建築基準法や消防法のことに関してはわかっていない方が多いようで、そのまま物件を貸してしまうこともあるようです。もちろん借りる側もこういったことで問題が起きないように事前に確認することが大切です。

 

はい、話はそれましたが晴れて工事ができるようになりました!




 

 

まずは解体工事からです、カーペットを撤去して素地がでましたがこのままでは、新しい塩ビタイルが貼れないので、レベラーというセメント材で床の表面を均一に調整します。


 

 

厨房となる部分にブロックで囲いを作ります。そして今回もっとも重要なのは2階であるとうことです、、つまり階下に水漏れが起こってはいけないので、防水工事を行う必要があります。

 

 

 

 

 今回の防水処理はシート防水にしました、FRP防水と言う方法もあったのですが材料の臭いがかなりきつく駅前という飲食店が立ち並ぶ場所では迷惑になるからです。

さて、施工も施され実際に水を張って階下に漏れがないかテストを行いました。この状態で1時間ほど放置。。。結果問題ありませんでした!合格です!




 

 厨房にモルタルを打っておりますが、ここも重要です!全てをコンクリートで打設するとかなりの重量になるため100mmもある嵩上げ用のポリスチレンフォームを使いました。





 

 入り口の横に大きなガラスをつけました、実はこれもともと別のところについていたものを再利用したのです。経費削減です!内装の下地が施されていきます。1階階段下の土間にもタイルが施工されました〜。

 

 

 

 

 壁や天井がどんどん仕上がっていきます!クロス工事を行う前に木部に塗装をしております。消防法の基準を満たすために新しい窓を設置しました!

 

 

 

厨房の土間仕上げです。仕上げ方はいろいろありますが、今回はもっとも最強に近い床材を施工させていただきました!塗り床材なのですが膜厚が8mmもある材料です。しかも油分、熱に強いという代物です!ぱっと見はなんてことないんですが。。。
 

 内装の仕上げが施されていきます!床材は弊社の在庫品なのですが、同色では数が足りないのでいろいろ混ぜて使うことで可愛い感じにしてみました。もちろん格安で提供させていただきました!



 

 家具や厨房機器を搬入し、消防検査をパスして、すべての作業が終わり完成しました!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

理容院改装工事

April 3, 2020

1/10
Please reload

最新記事

December 11, 2019

December 11, 2019

December 8, 2018

Please reload

アーカイブ